薬局における患者の薬物療法の把握及び検査値を用いた薬剤師業務に関する研究

研究倫理審査承認番号 2020-002

1.目的

「患者のための薬局ビジョン」に示されているように、かかりつけ薬局の第一義的な目標は患者が服用している全ての医薬品(OTC医薬品も含めて)の一元的・継続的管理である。しかし、患者が薬局に複数の医療機関の処方箋を持参する実態の報告はわずかで、お薬手帳による処方薬の把握の報告もほとんどない。また、薬局における患者の疾病等の把握状況も不明である。

そこで、本研究によって、薬局における患者情報の一元的管理の実態やその進捗状況、及び複数の疾病に対する薬物療法情報の把握状況を調査するとともに、疑義照会の状況及び処方薬の増減に与える影響を調査する。本研究によって患者の薬物療法への薬局薬剤師の関与の状況を調査し、今後、国民へ良質な薬物療法を提供するための施策へつなげたいと考えている。

さらに、薬剤師が患者の検査値を把握し、その情報から薬学的知見に基づいた処方提案(追加、変更、削除等)につながった事例を収集する。

このような医療に貢献した事例を集めることにより、薬局における患者情報収集の意義の理解が高まり、ひいては薬物療法の質的向上につながると考えている。

2.対象日及び対象患者

対象日(2021年3月16日)に処方箋を受け付けた全患者。

対象患者がゼロの場合は、【薬局施設情報】と【調査票1】のみ入力してください。

3.報告期間及び報告方法

報告期間は、2021年3月17日~4月15日。

報告画面は、2021年3月17日~4月15日迄 公開します。

4.調査方法

以下の①~③についてご回答いただきます。

薬局施設情報(薬局名・薬局の電話番号・報告者氏名) [1薬局につき1回答]

調査票1 薬局に関する情報 [1薬局につき1回答]

調査票2 対象患者情報 [対象患者1人につき1回答]

  1. まず、以下の「(1)①~③のダウンロード」を押し、①薬局施設情報②調査票1を1枚ずつ、③調査票2を対象患者人数分印刷してください。
  2. (あらかじめ準備していただきたいこと)できれば調査日(3/16)前に、①薬局施設情報②調査票1の【2021年2月の状況をお答えください】部分の回答を記入しておいてください。
    (調査日以降にしていただきたいこと)②調査票1の未記入部分と③調査票2に回答を記入してください。
  3. 以下の「(2)入力用エクセルファイル ダウンロード」を押し、エクセルファイルをダウンロードしてください。
  4. 2.で書き込んだ回答をエクセルファイルに入力してください。
  5. 入力の終わったエクセルファイルを、以下の「(3)入力が完了したエクセルファイルのアップロード」からアップロードしてください。

重要 ご注意いただきたい点

  • 対象患者(2021年3月16日に処方箋を受け付けた患者)全員について報告してください。
  • 「薬局掲示用ポスター」 PDFダウンロード)を来局者が見える場所に必ず掲示し、掲示する際は、最下部に薬局名と薬局電話番号を記載してください。
  • 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、記入した紙の調査票・入力したエクセルファイル及び薬局掲示用ポスターは、報告日(データ入力日)から3年間保存してください。
  • 本研究のために改めて患者インタビュー等を行うことは避け、あくまでも通常の薬剤師業務で知り得た内容を調査票2に記載してください。

本研究に関するお問合せ

〒160-8389 東京都新宿区四谷3-3-1 四谷安田ビル 7階

公益社団法人日本薬剤師会 中央薬事情報センター 調査担当係

電話:03-3353-1193(平日9~12時、13時~16時)

ホーム